【ランモバ】真夜中の人攻略

超絶無でやるとか久しぶり。ギミック的に難しい所は無いんだが、固定ダメージを無効にする手段が無いとかなり厳しいステージ。

攻略のポイント

このステージではギミックの関係上超絶は要らない。ギミックで超絶の効果以上のバフが掛かる為。

最初からNPCとしてエグベルト、アルテミュラー、レディンの3人が配置されている。彼らの近くにある緑マスを踏むことで、バフなど様々なサポートを受けられる。緑マスは1度踏むと消えるが、ターン経過で復活する。

得られるサポートと使い道は次の通り。

  • エグベルト:攻撃力、知力、防御、魔防40%上昇(5ターン持続)。超絶と競合不可。常時このバフが乗ってる状態を維持したい。
  • アルテミュラー:全ての敵の攻撃力と知力30%減少(1ターン持続)。強力なデバフだが1ターンしか効果が無いのが玉に瑕。マーケボイ戦は、これを発動したターンに総攻撃したい所。
  • レディン:特定の地点に大ダメージ。左右2か所に範囲攻撃。マーケボイ戦時の雑魚掃討用。湧いたターンに使うと当たらないので、動いた後に使うのを推奨。

基本的には、これらの強力サポートを駆使して攻略するステージ。

最初の敵の狼君。毎ターン終了時に攻撃力上昇のバフを盛っていく。長時間戦うと攻撃力が青天井に上昇していくので、3~4ターンでの撃破を狙いたい所。

戦闘前に固定ダメージが発生するので、何か無効にする手段を用意しておきたい。アクセで無効にするのも手だが、クローゼのリヒトクライスジュグラーの巨竜のガーディアン等で無効にすると楽。イメルダの専用装備も有

また、狼から攻撃されると被ダメ200%上昇のデバフが付与される。このデバフは累積されるタイプなので、複数付いてる状態で攻撃されると非常に危険。やばそうなら攻撃範囲から逃がそう。

もう1つ気を付けたのが、反撃で倒すのはなるべく避けよう。次の敵が出現し、そのまま攻撃される為。自分のターンで撃破出来る様に調整が必要。

狼を倒すとマーケボイが登場。こいつを倒すとステージクリア。

マーケボイ登場と同時に左右に雑魚が出現するが、こいつらはレディンのサポートで一掃しよう。打ち漏らしが出たら、そいつは向かってきた所を撃破。

マーケボイの行動は、スキル欄にあるスキルを上から順番に使用でローテ。前2つのステージと違い、範囲内に一定数居る的な条件は無いので、危なそうな味方は攻撃範囲から外すのが得策。

攻撃力が極めて高いので、普通に攻撃すると反撃でワンパンされる。幸いデバフは普通に通るので、毎ターン攻撃力デバフを掛けて安全にしたい所。

クリア時の編成とか

今回はアンジェリナ、ラーナ、クローゼ、ソフィア、マシュー、レイチェルでクリア。

クローゼは固定ダメ対策。アンジェリナは攻撃威嚇でのマーケボイ戦のデバフ要員。マシューは攻撃指揮で火力の底上げ。

主なダメージソースは、ラーナとレイチェルの2人。狼とマーケボイは両方共魔防が低いので、魔法アタッカーの方がダメージは稼ぎやすい。

反撃ダメに関しては、いつイケのデバフとターンアンデッドの加護で耐える。加護Lv8だけど何とかなった。

1ターン目にエグベルトとアルテのサポート起動。さらにリヒトクライスも使って狼を攻撃していく。固定ダメ無効の状態なら特に危険な所も無い。

3ターン目にリヒトが切れるが、ソフィアのバットラでCD減して掛けなおす。

そして、3ターン目に狼撃破。マーケボイ登場。マシューに被ダメ200%増のデバフが2個付いてたので、攻撃範囲から逃がす。

マーケボイ戦でやる事は単純。

雑魚が湧いたら1ターン待ってレディンのサポート起動。打ち漏らしは向かってきた所を処理。

マーケボイは、いつイケかアルテで攻撃デバフ付与してから攻撃。そして、攻撃する時はHP全快か確認する。コンクルとかの発動条件だからね。

ヒーラー2人はマーケボイの攻撃範囲に入れない。アクティブ使用不能付けられると面倒。

即死デバフ付けられたら、回復してHP80%以上にしてから待機。無理に攻撃はしない。でも、リヒト付いてる時は攻撃してた。

こんな感じで削っていく。さすがに90万もHPが有るので結構長丁場。

13ターン目に決着。雑魚が残ってるが、ボスを倒せばクリアなので雑魚は無視。

最後はソフィア・・・・じゃなくてマシューでトドメ。この後マシューで攻撃してます。

HP90万も有って残り1,000程度で生き残るのは中々しぶとい。

まぁそんな感じで今日の挑戦もクリア。

初め挑戦した時はマーケボイに反撃ワンパンされまくって途方に暮れたが、デバフが通ると分かれば割と簡単だった。

やっぱりアンジェリナはこの手のステージだと優秀。まぁ無理やり使ってる感は有るが。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする